スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.10.02 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Cycle* いつも通り

ドーフィネも無事終了。フルームさん総合優勝おめでとうございます。
 アスタナのフグルサングさんも途中SSさんの三味線アタックに敗れたりしてましたが、ツールに向けて順調に仕上げているようで良かったです。

 でもってこちらはイタリア系 Spaziociclismo さんのドーフィネ通信簿コーナー。
http://www.spaziociclismo.it/?action=read&idnotizia=29202 (6/9)
 登場選手は約40名となかなかの大所帯。最後の方は一山いくらですがw
 フルームさんが10、ポートさん8.5、ローハン・デニスさん8 等々がコメント付きで紹介されてます。

 フースホフトさん5.5 など点数は渋めでも、「ツールの為にポジティブな点はある。復帰を期待してる」と今回わりとあたたかめのコメントです。
 SV表記でネットアップのケーニッヒさんも「登りもTTも良かったのに病気でリタイヤ。大変な機会損失」と残念がられていたり。

 ダミアーノ・クネゴ、6: いつも通り。最初から期待していると失望しちゃうけど、彼ずっとツールが本番だって言ってたじゃん? そう考えればドーフィネでは段々良くなってたから悪くは無かった。

 何か他の方と違って微妙に生温かいコメントなのでありました。


Cycle* クールジャージ

冬季五輪の趣きすらあった今年のジロですが、裏番組のカリフォルニアツアーは灼熱地獄で熱中症で病院送りになる選手もいたりしました。

 今回のドーフィネは今のところ好天に恵まれ、気温も上がってきている模様。
 そこで新兵器?投入ですよ。
http://www.nieuwsblad.be/sportwereld/cnt/DMF20130606_00613447?pid=2530161 (6/6 写真付き)

 ヴァカンソレイユさんが第4ステージでお披露目した冷却道具。ジャージ内側に線が這い回り、腰からチューブが出て機械に繋がってます。水冷式か!
 こういう形態なので用途はTTのウォームアップ時に限られるようです。そりゃそうか。

 循環水冷式の服はアメリカ軍が使っていて兵隊さんに結構人気だとか。いざという時はチューブ外してそのまま出撃できるそうです。TTで遅れそうになっても安心だね!(多分レギュレーション違反)


Cycle* お勤め延長

ランスさんと戦い続けるUSADAさんの別のお仕事のお話。

 アマチュアサイクリストのファン・パブロ・ドッティさん(29、アルゼンチン)に謹慎2年の処分を下しました。罪状はまあドでして、ステロイドとかアンフェタミン妖精が出たそうです。
 で、これが実は2011年のお話。

http://velonews.competitor.com/2011/10/news/georgia-cyclist-accepts-two-year-suspension-for-doping_196020 (2011,10/21)

 8/13発動の遡って6/12から有効&成績剥奪ってヤツで、本来ならそろそろ喪明けだったんです。

 だがしかし

http://velonews.competitor.com/2013/06/news/usada-extends-dottis-sanction-due-to-his-early-return-to-competition_289951 (6/5)

 なんとドッティさん、3ヶ月で謹慎を自主終了してレースに出ていたそうなんですな。をを。その発想は無かったw
 それに感づいたUSADAさんが調査して実態を把握、彼が最後にレースに出た日2013,3/10から再び2年の謹慎処分を下したそうです。もちろん本来の謹慎期間中の成績は没収です。


 試しにCQランキングのサイトでドッティさんを見てみると
http://www.cqranking.com/men/asp/gen/rider.asp?riderid=7069
 謹慎中の2012にポイントが付いてます。それはバレますがなw

 何でポイントを取ったのか見てみると
National Championships Argentina (San Juan) R.R. 優勝
 …おいィ? アルゼンチンRRチャンピオンだと!? (゚Д゚ )

 もっと早く気づけよ!って感じですが、アルゼンチンは国内選手権が春にあるので現在は違う選手が2013RRチャンピオンやってます。今年もしっかり出場して11位だったようです。ああw
 協会の方はチェックしないんですかね?

 今度は真面目にというか普通にお勤めして下さい。


Cycle* 雪の次に降るもの

 ドーフィネも佳境に入り、いよいよツール前という雰囲気。きな臭いネタもありましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 個人的なネタからお話すると、ネタを集めるのに使っていたGoogle リーダーが7/1でサービス終了という事で乗り換え先をいろいろ試しています。
 しかし下手にいろいろ連携してただけに、同等の状態にもっていくのがなかなか難しいです。


今年もツールの裏番組開催の Tour of Austria 2013(6/30-7/7,2.HC)
 コースプロフィールも発表されました。第2ステージが2年前にケシアコフさんが勝ったキッツビュルホーンの登りゴールの模様。
http://www.wielerland.nl/index.php?option=com_content&task=view&id=25988 (6/4 プロフィールリスト付き)

 アンドローニ・ベネズエラさんが今年ワイルドカードを貰ったそうで、誰を派遣するかまだ決めてないけど重要なチャンスだ、なんて喜んでいるようです。
http://www.spaziociclismo.it/?action=read&idnotizia=29038 (6/4)

 オーストリア一周も財政危機を言われるレースで、HCからダウングレードを考えているなんて話が出たことも。
 長距離に動員する警備員とTV放送用のヘリやバイク、中継局の費用がきついんだそうです。
http://www.cyclingnews.com/news/tour-of-austrias-future-in-doubt-due-to-financial-problems (4/1)


 そんなオーストリア一周に新たな危機が!
 「落石です」 ((゚Д゚;)ガクガクブルブル
http://www.radsport-news.com/sport/sportnews_81807.htm (6/4)

 どうも第3ステージ道中で岩盤が崩れて落石があったそうな。コース復旧に全力を尽くしているそうですが、気候条件などもあってあまり芳しくないようです。
 プランBどころかC、Dも用意していたそうですが、今回の落石で迂回路が潰れたりしているとか。

 また今回の復旧で限りある予算をかなり使ってしまっているそうで、今年の生中継はできないそうです。つД`)・゚・。

 第3ステージの変更はほぼ確実なようですが、無事なレース開催と好天をお祈りしております。

Cycle* お値段的ジロ総括

臨時第3休養日とか、後から山岳グレード変更とか、山岳王TTに5分遅刻とか、いろいろあった今年のジロ・デ・イタリアも終了。

 アスタナのヴィンツェンツォ・ニバリさんの優勝を心よりお喜び申し上げます。ニバリさん、強かった。

 移籍決定当初からジロ狙いという事で「イタリア人ならまずジロ獲らないと!」というマルティネッリ監督の方針と聞いていましたが、まずジロを取って自信をつけてからツールに挑むという段階を踏んでいたというお話だそうで。

 ウィギンスさんやヘシェダルさん、エヴァンスさんといった他の総合優勝候補がほぼ皆ツール掛け持ち予定らしき状態で、あえてジロに狙いを絞ってきたニバリさんが最も Fight for pink だったのかなあとも思います。

 この後は予定通りツールは回避で、地元イタリアの世界選手権とその調整のブエルタだそうです。頑張ってくださいまし。


 アスタナのアシストの皆さんはというと、タネル・カンゲルトさんは去年のジロでも良かったですが今回はそれはもう頼もしく。アシスト最後の一枚になる事もしばしば。エストニアチャンピオンジャージが輝いてましたぜ。

 ファビオ・アルさんは中盤体調崩してネオプロでいきなりGTはきついかなー、と思っていたら終盤は登りでなかなかの強さを見せておりました。またTTでも思いの他速く、順調に育っていただきたい期待の若手です。チームとしてはニバリさんの弟子的に育てたい模様。

 フレドリック・ケシアコフさんはアスタナ3年目にしてようやく出場のジロでした。
 やはり時期的にキツいものがあったようですが、レース序盤の牽引とかボトル運びでお見かけしましたよ。アレルギーの季節が終わったらまたよろしくお願いします。ジロ中5/17のお誕生日おめでとうございます。

 ニバリさんの僚機として今年アスタナにおいでになったヴァレリオ・アニョーリさん。
 アニョーリさんがいなかったらヤバかったシーンはいくつもありました。意外と多かったニバリさんのメカトラや、特にウランさんが優勝した第10ステージは今回数少なかったアシスト全滅の危機をアニョーリさんが死にそうな顔しながら牽いてくれたので助かりました。男前です。赤ちゃんかわいいです。

 個人的に言及したいのはデミトリ・グルージェフさん。カザフ人では久々の期待のTTスペシャリストで今回のジロがGT初出場。何せマリアローザを早々に取得したので(チームとしては一旦手放すつもりでいたけど丁度いい相手が現れなかったそうな)、リーダーチーム牽きで貢献していたそうです。
 雨の下りで落車して他所のお宅に頭から訪問してたのは彼です。怪我が無くて良かったです。

http://astanafans.com/wp-content/uploads/2013/05/giro-2013-stage21-20.jpg

 そして表彰式に堂々と登場し、トロフィーにキスしてカザフ国旗をはためかして帰っていったGMのヴィノクロフさんさすがやで! いやお疲れ様でした。


 アスタナさん関係以外ではAG2Rで総合5位、白ジャージを獲得したコロンビア旋風の一角、カルロス・アルベルト・ベタンクールさんでしょうか。
 アクア&サポーネの頃から(移籍ネタで)追っかけてきた身には感慨無量です。きっとガルゼッリさんも喜んでいるでしょう。

 そのステファノ・ガルゼッリさんはシーズン末という話もありましたが、大元の予定通りジロで現役を引退。
 周回コース入り口でのGOODBYEのお別れ演出は泣けました。長い間お疲れ様でした。どうかお元気で。
http://www.tuttobiciweb.it/?page=news&cod=59196
http://www.marca.com/2013/05/25/ciclismo/giro_italia/1369475034.html


で、ジロに関してこんな記事も
http://www.cicloweb.it/news/2013/05/26/giro-d-italia-tutti-i-premi-delle-squadre-all-astana-quasi-300000-euro-solo-10000-al (5/26)

 内容は今回のジロのチーム別獲得賞金ランキング。罰金で相殺されているかはわかりません。

1. Astana: 297671 euro
2. Sky: 172930
3. Movistar: 108547
4. Omega Pharma-Quick Step: 96859
5. BMC: 83286
6. Ag2r La Mondiale: 75790

21. Euskaltel Euskadi: 16435
22. Orica GreenEDGE: 13118
23. Vacansoleil: 10735

 頑張れヴァカン!いや本当に。
 裏番組のカリフォルニアでは特別チェレステビアンキカラージャージでウェストラさんが頑張ってたんですけどねえ。

 太陽観光さんのDCMさんも今季限りのスポンサー撤退が発表されていますので(「おかげさまで充分名前が売れましたのでありがとうございました」だそうです)、早くいいスポンサーがみつかりますようお祈りしております。


Cycle* ポンテベドラの影

毎日ジロが殺伐としていますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか。

 日本ではゆるキャラブームと言われてだいぶ経ちましたが、ゆるキャラというかマスコットでは向こうが本場。
 しかし今年のフィレンツェ世界選手権のマスコットは公募デザインではイカス輪入道だったのに、正式版ではフツーのピノキオになってしまってつまらないです。(お

 そんな中、あらたなキャラが参戦。
http://www.diariogol.com/es/notices/2013/05/un-mejillon-gallego-sera-la-mascota-de-la-vuelta-de-2013-32435.php (5/6)

 なんとブエルタ・ア・エスパーニャ68回めにして初の公式マスコットキャラ、Mexi-llón 君だ!(何て発音するんでしょう) 彼はムール貝のキャラクターだそうです。をを…。
 今年のブエルタの開幕地、ポンテベドラ州の名産品らしいです。
 スペインはここのところ痛ましい交通事故など多いので、ヘルメットを意識したキャラだそうな。

 なんかツイッター上では酷評されてるという話も聞きますが、当方はこういうの好きですよ。
 是非着ぐるみ化して、ブエルタ表彰台でいやがる選手をハグしてあげて欲しいです。ええ。

http://www.nieuwsblad.be/sportwereld/cnt/DMF20130507_00571708 (5/8)


Cycle* 主に移籍関係ネタとか

そろそろジロ・デ・イタリアの季節がやってきますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 ジロ直前になるとですね、ここ数年アレが出てくるんです。マントヴァ事件ってヤツです。そろそろ4回目くらいになるんじゃないですかね。 
 そして案の定直前の4/30に公聴会をやったわけです。でもってその結果は

 「6/19にまた来て下さいね!」
 http://www.tuttobiciweb.it/detectUA.php?page=news&cod=58311 (4/30)
 要はあんまり進んでません。この後も数日おきに何回か公聴会をやって7/19に今度こそ起訴するか決めよう、って流れのようです。
 バッランさんに関しては電話の盗聴記録の関係でマントヴァではなくブレシアの裁判所でなんて話もあるそうで、まだグダグダしそうです。


発端は4/23の事。 突如ランプレのアレッサンドロ・ペタッキさん(39)が引退を表明。  http://www.teamlampremerida.com/en/2013/04/alejet-spegne-i-motori-mi-fermo-qui/ (ランプレ公式 4/23)

 今年で引退という話は昨年からありましたが、半端なこの時期&引退レースが何故かパリ〜ルーベなんだねー、などなど言いながらスレでもしみじみ。

 ライバルだったグライペルさんも
 「先ほど話を聞いて驚いている。彼はまだまだ戦えると思うが、自分より7つも年上だ。モチベーションの欠如とかあったのかもしれないね」としみじみ。
 http://www.tuttobiciweb.it/?page=news&cod=58123 (4/24)

 だがしかし

 「いや、まだ辞めないし」
 http://www.wielerflits.nl/nieuws/22089/alessandro-petacchi---ik-stop-nog-niet--.html (4/24)

 なんでも休養が欲しいんだそうで、即時引退ではないと仰せです。 その昔ツァベルさんがキャリア最後でトレイン牽いてた事を思い出して、そんなのもいいかなーとか言ってます。
 ランプレさんにもいろいろスプリンターが来ていたと思うんですが、そこのトレインじゃダメなんですか?

 そうしたら 「ペタッキさーん、せっかくだからうちの壁を牽きませんかー?」 とオメガファーマさんが乱入。
 しかもペタッキさんと契約合意に至ったらしい。ついでにオメガからジロに出場したいとか。えええ。

 http://www.spaziociclismo.it/?action=read&idnotizia=28042 (4/30)
 UCIの元へランプレとの契約解除とオメガファーマとの契約の通知が届いたそうな。をを。

 どうするんだコレ。一応世の中には8/1の移籍解禁日というモノがありまして。
 奇しくも同じ ランプレ → アスタナ にシーズン途中移籍したカシェチキンさんも内紛とかいろいろ事情がありましたが8/1は待ちましたぜ?

 それにコレにOK出しちゃうと極端な話、
 「うちポイント危ないんでお宅の○○さんを年始にお借りしてもいいですかー?シーズン始まったら理由つけてお返ししますのでー。お銭は弾みますぜー」 なんかが可能になってしまいますですよ。

 それにGTは開始20日前にメンバー登録が必要だって話は今はなくなっちゃったんですかね??
 3年程前のブエルタだかで欠員代理で現地まで行ったのに一昨日きやがれと返された話もありましたが。

 とりあえずその後UCIからお断りを出され、ペタッキさんはジロ出場については諦めた模様。例年の8/1前に許可が出るかは不明です。
 8/1後だとツールにも間に合いませんで、その場合オメガの方から「やっぱいらないです」と言われる可能性もあるとか。知らんがな。
 http://www.wielerland.nl/index.php?option=com_content&task=view&id=25672 (5/1)

 この機会に宣言通りしばし休養するのがいいんじゃないですかね。

 フレイレさん、ヴィノクロフさん、モンクティエさんらやめるやめる詐欺御三家が揃いも揃って昨年本当に現役引退してしまったので、ここらで前言を華麗にひるがえして現役続行しても文句は言われないと思いまする。

それにしてもそんなにランプレが嫌だったんですかねえ…。


あの人の移籍も決まったそうです。そう、元アクア&サポーネの!
 …ディルーカさんじゃないですよ。

 ディルーカさん、クラシック期間は全く行方不明でヴィニファンティーニと契約したのは本当なのか?という感じでしたが、いきなりジロへの参加を発表&ジロ・ディ・トスカーナ(4/28,1.1)に参戦、6位に入りましたよ。をを。お元気そうで何よりです。
 ちなみに優勝はアンドローニのマッティア・ガバッツィさんでした。おめでとうございます。

 じゃなくて元アクア&サポーネのマシャレッリ兄弟が相次いでハンガリーのコンチ、ウテンシルノルドさんに移籍決定だそうです。

 http://www.tuttobiciweb.it/?page=news&cod=58098 (4/24 兄アンドレアさん)
 http://www.spaziociclismo.it/?action=read&idnotizia=27980 (4/28 弟シモーネさん)

 浪人中はシクロクロスをやってたそうですよ。イタリアのレースにも出るチームですので頑張っていただきたいです。


ちょっと前ですが、現在浪人中の元シャックのリーナス・ゲルデマンさんのインタビューなんかも。

 http://www.radsport-news.com/sport/sportnews_80974.htm (4/22)

 昨年末のシャックのゴタゴタは影響あったそうです。なんか今年の就職はあきらめた模様。
 話が無かったわけではないそうですが妥協しなかったからねー、とか。

 というわけでポイントは持ってないけど自分の力量は理解されているはずだ、と来年のプロ復帰に向けて活動中だそうです。元チームメイトのチオレックさんのサンレモ優勝はモチベーションになってるとか。頑張ってくださいまし。
 

Cycle* ナイト駐輪

ジロ・デル・トレンティーノ (4/16〜19,2.HC) はアスタナのニバリさんが第4ステージ女王区間、セガ・ディ・アラを制して優勝&総合優勝しました。おめでとうございますヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

 SKYのウィギンスさんはセガ・ディ・アラの始めの方でメカトラで脱落。残念でした。
 あえて多くは語りますまい、ウィギンス卿のエレガントで華麗なる駐輪をお楽しみください。

http://www.youtube.com/watch?v=O1uZ2M9f6Iw


近況とかネタとか

病院通い(お見舞いの方)で読書が進みます。 「半七捕物帳」面白いです。青空文庫さんには足を向けて寝られません。 ここ3ヶ月くらいで150冊くらい読みました。(4Pの本等も含む) 我ながらどこかおかしいです。 

 友人「にゅうさん、そんなにラスムーの事がショックだったんですか?」
 そんな事はないですよ。ホントだよ!
 しかしブログの書き方を忘れたのでgdgdとちょっと書きます。

 でもってラスムーさんは現役引退を発表して待機中。まだ正式に謹慎はスタートしてないようです。一応謹慎2年で手打ちされてるというお話。 クリスティーナ時計のチームの方はというと、 http://www.feltet.dk/nyheder/christina_watches_blaeste_af_cyklerne/ (4/1)
 ツール・ド・モロッコで突風で溝に落車したり、トラックが突風で横転したり(ここまで犠牲を出した後ステージ没収)、いろいろあったけど元気にやってるようですよ。

 と思ったら、デンマークカップでステファン・シューマッハさんが何故か道路の真ん中近くに停車してたトラックに激突して病院送りになってしまい。結構怪我は重い様子。
http://www.spaziociclismo.it/?action=read&idnotizia=27672 (4/17)
 シューマッハさんはいま過去のドの周辺事情の裁判沙汰でドイツでいろいろとバトル中、有罪だと禁固刑も有りうるそうです。
 …まさか刺客!?(お とにかくお大事にしてくださいまし。


 話し変わって、当方がこよなく愛するステージレース、ジロ・デル・トレンティーノ(4/16〜19,2.HC)が開催中です。

 公式サイト http://www.girodeltrentino.com/ レース中はlive情報もあります
 今年のウリとしてジロ・デ・イタリアの山岳TT第18ステージと同じコースを通るというのもあるそうです。


 さっそくTTTでSKYの皆さんがかっ飛ばしたようですが、アスタナさんもニバリさんエースで頑張ってるようです。ケシアコフさんも出てますよ。
 ケシアコフさんはジロの選抜メンバーにも入っているようですが、アスタナで三度目の正直、今年こそジロに行けるんでしょうか。

 トレンティーノは前回プンタ・ベレノというロード初登場の猛毒峠を発掘してきましたが、今回も目玉に初登場の峠を用意したそうです。その名はセガ・ディ・アラ。
http://www.spaziociclismo.it/?action=read&idnotizia=25454

 コースプロフィール図を見る限りは大人しそう?で、平均勾配9%と聞くとブエルタに慣れた、というか慣らされた身には破壊力弱いですが、これはあくまで平均で瞬間勾配20%越えが11ヵ所、獲得標高1000m越え、ヘアピン21ヵ所だそうな。鬼畜だな!(褒め言葉)

 こちらの峠は最終第4ステージゴールに登場します。もちろん登りゴールだよ!
 勝負に関係ない人は皆さんお帰りになるんじゃなかろうか、という気もしてますが、今年も楽しみにしています。
 開始直後にゴールしないよう放送時間はちゃんと調整してくださいね! 中継の日本時間は21:30頃からです。

Cycle* 欧州縦断

例年土曜に開催していたミラノ〜サンレモですが、今年は3/17日曜開催。

 そうしたら土曜は天気よかったのに、日曜は雪地獄でしたよ!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
http://velonews.competitor.com/files/2013/03/snow-718x440.jpg

 ああ、なんだこれはw 伝統の土曜日に開催しなかった祟り説もあるらしいですよ。
 一応主催者様的には土曜日にアマチュアレース等のイベントを開催する事にしたからだそうです。ええ。

 でもってレースは中断有り、短縮&峠回避&途中バス移動有り、というカオスの末、MTNクベカのチオレックさんが優勝。おお、おめでとうございます。ワイルドカード争いで有利になりそうですな。


 そして翌日3/18から開催なのがスペインのカタルーニャツアー、Volta Ciclista a Catalunya 2013(3/18-24,WT)。全ステージ山岳有り、TTなんかやりません。今年は天気も大丈夫そう?

 そんなミラノ〜サンレモとカタルーニャツアーを掛け持ちする選手が何人かいるそうな。
http://www.biciciclismo.com/cas/site/noticias-ficha.asp?id=60277 (3/18)

 アスタナのガバッツィさん、ロットの鉄人ハンセンさん、グリーンエッジのジェランスさんだそうです。
 この中でも特にジェランスさんはミラノ〜サンレモ完走してます。お疲れ様です。

http://www.tuttobiciweb.it/detectUA.php?page=news&cod=57148 (3/18)
 こちらの記事では吹雪の中、集団先頭でお仕事をするガバッツィさんの勇姿のお写真が。
 エースのニバリさんのためのお仕事だったようですが、まさかお仕事終了後にそのニバリさんと一緒にホテルに帰るとは思ってなかったでしょうなあ。hahaha… orz
 カタルーニャまで移動距離は700kmだそうです。をを。

 この後もお仕事頑張ってくださいね、と思ってたら
 『飛行機に乗り損ないました ヽ(゚∀゚)ノ』
http://www.spaziociclismo.it/?action=read&idnotizia=26859 (3/18)
 … おいィ? orz

 どうもガバッツィさんはバルセロナ方面行きの飛行機に乗ろうと空港行ったものの、間に合わなかったそうな、ってえええええ。
 というわけで深夜の自動車強行軍で現地に向かった模様。その距離600マイル。約966km。ううむ。
 お疲れのところ申し訳ないですが、頑張ってきてくださいまし。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

         
                   

recent trackback

links

profile

書いた記事数:674 最後に更新した日:2014/10/01

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links