スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.10.02 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Cycle* ジョニー・ウォーカーのすべて

今となっては懐かしい、2010ブエルタのアイドルだったジョニー・ウォーカーさん(当時フートン・セルベット)の近況を含めた特集記事がありました。

http://elpedaldefrodo.com/la-vuelta-de-johnnie-walker/  (10/1)

 こちらのサイトは元フートンやGeoxで現ランプレのマチン監督の記事がよくあがるので、その関連のようです。
 ジョニーさんの幼少の頃の写真や2010ブエルタ当時の写真なんかも載っていて懐かしいです。

 どうやらウォーカーさんところは男4人兄弟で、ジョニーさんは3番目の模様。長男のロビーさんはスノーボーダーで次男は残念ながら今年心臓疾患で再引退した元ラボバンクのウィリアムさん、でもって三男ジョニーさん、一時チームでジョニーさんとも一緒に走っていた四男ニッキーさんだそうな。
 ジョニーさんの時は、ついにこの名前をつける時がきた!とかあったんでしょうか。

 そんな某有名アルコール飲料の同名のジョニー・ウォーカーさん。2010ブエルタで早いステージで逃げに乗って単独で走った辺りからブエルタのアイドルに。
 ところがその年フートンがプロコン落ちしてしまい、人数枠の問題もあって移籍する事に。選んだ行き先が運命の分かれ目でまさかのペガサス被害者の会行き。僅差プロコン落ち&オージーでなければ。つД`)・゚・。

 その後はペガサスのコンチチームに付き合ったり、アマチュアチームで走ったり、2013はウィリアムさんとプロコン昇格前のドラパックで走ったりしていました。ドラパック時代の写真も載ってますが、ああロン毛だなあw

 そして2013年で現役引退。現在は経済や工学の勉強をしつつ、最近はギターからピアノに転向してショパンを弾いているようです。おお。

「彼はエリートアスリートではなかったが、新しい目標を達成するために再び輝いている」
 どうかお元気で。
 

Cycle* 優勝おめでとうございました

アスタナのヴィンツェンツォ・ニバリさんのツール総合優勝と三大グランツール制覇をお喜び申し上げます。
 他チームのエースナンバーが次々倒れたりトラブったりする中、無事各ステージ完走が基本という感じでしたね。

 まさかの第2ステージからの中抜け1日の最後までマイヨジョーヌという事で、アスタナのアシスト陣が目に見えて消耗していって別の意味で手に汗握ったりしていました。

 アシスト陣の意外なピンチは第8ステージ前半で、前ステージの終盤でIAMのマティアス・フランクさんが大腿骨をやった落車にタネル・カンゲルトさんが巻き込まれており右手首を負傷。翌第8ステージでは調子が悪く、集団についていけない程だったとか。(チーム公式レポートより)
 ステージ中盤くらいから体調が回復して走れるようになったそうですが、あのステージ序盤でマイヨジョーヌさんが何度もトイレ休憩に行くんですな。そういう意図だったかと後で思いました。

 また序盤は順調だったものの胃を壊し、そっちが治ったと思ったらボトル爆撃を食らって落車負傷、包帯だらけで走っていたヤコブ・フグルサングさんには、ニバリさんの分の不幸も請け負ったようで涙が出ます。
 「これだけ馬車馬したんだから特別ボーナス出るよね?」(ツール中にボーナス弾むから最後まで頑張れというお達しがあったようです) と言っているそうなので、ぜひ弾んでいただきたいと思います。

 参考記録として、去年のブエルタ(ニバリさん総合2位)では賞金をニバリさん以外で山分け&特にボーナス無し、去年のジロ(ニバリさん総合優勝)ではチームから特別ボーナスと行き先が選べる旅行券がアシストさん達に配布されたそうです。カザフ旅行に行きます?

 パレードの写真ではこの辺がお気に入り。22枚中、新城さん3枚というのもスゴイ。
http://www.nieuwsblad.be/sportwereld/cnt/DMF20140727_01194241?pid=4112672 (7/27)

 イタリアチームのアンドローニジョカットーリさんも公式ツイッターアカウントでニバリさんの優勝をお祝い。
https://twitter.com/AndroniGiocatto/status/493804822047764480
 ニバリさんとスカルポーニさんの真ん中で写真に写るサビオ監督相変わらずですw

 「ニバリさん、バナナの敵」
http://www.tuttobiciweb.it/index.php?page=news&cod=70620 (7/22)
 Jspo中継でも話題に出てたネタのおそらく元記事。ニバリさんはバナナが嫌いで見るのも嫌だそうな。
 アスタナの他のチームメイトはみんなバナナ食べてるけど、ニバリさんだけはベリー系を食べてるそうな。本人のコメントはありません。
 

Cycle* さよなら、ベルキン

ツール・ド・スイスに出場していたトレックのベルギーチャンピオン、ステイン・デヴォルデルさん。
 久々に見られると思っていたんですが、早々にリタイヤされた模様。何でも発熱があったとか。orz
http://www.nieuwsblad.be/sportwereld/cnt/dmf20140615_01141881 (6/15)

 なんかこのまま無勝でベルギー選手権に突入してしまいそうな予感です。orz
 
 昨年はツールのセレクションに漏れ、世界選を楽しみにしてると言ってたら股間に腫瘍ができてしまい手術でお流れ。
 今年の春はデヴォルデルさんが牽いてる間は逃げとプロトンのタイム差が縮まらないとか活躍していましたが、残念ながらそんなモノはファン以外は忘れてしまう、というかフランドルで落車しまくった方が印象に残ってそうです。ああ、嫌な流れ。
 まずはお大事にしてください。


旧ラボバンク(一時ブランコ)で昨年のツールからメインスポンサーをしていたベルキン社が、今年いっぱいでスポンサーから撤退するそうです。

http://www.teambelkin.com/teamnews/team-belkin-looking-for-new-title-sponsor-3206 (ベルキン公式 6/17)

 昨年加入時に2.5年で2015年までの契約と発表されていましたが、偉い人が変わったとかいろいろ事情があるようです。
 そのせいかチーム内には2015どころか2016まで契約がある選手も複数いて、いろいろ大変な模様。
 これから急遽メインスポンサーを探すそうです。

 ジャイアント・シマノさんもメインスポンサーを探しているとの事で、早くいいところが決まるといいのですが。
 ベルキンさん、1年半のスポンサードありがとうございました。

http://www.nieuwsblad.be/sportwereld/cnt/dmf20140617_01143793 (6/17)


ジロで総合3位に入り、今をときめくファビオ・アルさんがカザフスタンを表敬訪問するようです。忙しいね!
 6/18夜にアスタナ空港に到着、翌日に記者会見やアスタナファンとの集いが予定されている模様です。
 でもって6/21には旧都アルマトイでファンとの走行会の企画もあるそうです。

http://www.zakon.kz/4632748-aleksandr-vinokurov-i-fabio-aru-primut.html (6/17)

 コース図も出てますってヴィノクロフさんも一緒に走るんですかい!w 楽しいイベントになるといいですね。

Cycle* 新・ベタンクールの謎

元アクア&サポーネで現AG2Rのカルロス・アルベルト・ベタンクールさん。
 リクイガスとの移籍騒動 (参考 Cycle* ベタンクールの謎II' TURBO '12.1.7) などから見ていて、昨年のジロの新人賞や今年のパリ〜ニース総合優勝などの成長を微笑ましく見ていましたが、何か様子が変です。

http://www.lequipe.fr/Cyclisme-sur-route/Actualites/Betancur-tres-incertain/472494 (6/10)

 なんかですね、コロンビアに里帰りしたまま帰ってこないそうです。って、 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工。
 サッカーとか応援してると、所属のブラジル人選手がカーニバルから戻ってこない!予定の便に乗ってない!次の便はいついつ中継なんかありましたが、ベタンクールさんも予定の便に乗ってなかったらしいです。ええ。
 まさか行方不明!?誘拐されたのか!?とも思いましたが、コロンビア実家で連絡は取れる状態だとか。ううむ。

 で、何がまずいかというと出場予定のツール・ド・スイスに間に合わないので欠場とか、今度のツールは英国スタートでビザの問題が有り、急いで本人が渡欧して手続きする必要があると。アイルランドスタートのジロでもトレックのアレドンドさんやチームの方のコロンビア、アスタナのカザフ人がビザの取得に苦労してました。
 まだツール欠場が決まったわけではないですが、AG2Rのラブニュー監督曰く「ペローとバルデとベタンクールの三枚エースの予定だったのに」とかなーり困っているようです。また里帰りから予定通り帰ってこないのも初めてではない模様。をを。

 ベタンクールさんは今回の件に関して声明を出すと言っているようですが、現時点ではまだ確認できません。
 噂では5kg程太っちゃってレースどころではないとか云々。 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
 ヘルメットからお肉がはみ出るぐらいはご愛嬌なので、レースしながら絞ろうぜ!(お
 とりあえず、早く帰ってきてください。


コロンビア繋がり? この前のジロで総合2位だったオメガ(略)ステップのリゴベルト・ウランさん。
コロンビア第二の都市メデジンにあるウランさんの家が、ジロ中に空き巣に入られた模様。 Σ(゚Д゚)ガーン

http://www.eltiempo.com/deportes/ciclismo/desconocidos-robaron-la-casa-de-rigoberto-uran/14101823  (6/10)

 自転車、シューズ、ジャージなどを持っていかれた模様。5/20頃に入られ、被害総額37,000ユーロ相当なんて話も。確かに本人は居ませんな!

 ロンドン五輪の銀メダルは無事なのか!?と思いましたが特にかかれていませんし、ウランさんはモナコの方がメイン自宅だそうなので余り重要なモノは置いて無かったのかもです。ええ。

Cycle* プレッシャー禁止

早いもので今年のジロも終わってしまいました。キンタナさん、総合優勝おめでとうございます。

 今回のアスタナさんはアイルランドステージから落車三昧で、大落車ステージでブライコビッチさんが肘を骨折してリタイヤ、総合エースだったスカルポーニさんが股関節を打撲して後にリタイヤとジロオワタ/(^o^)\と覚悟しましたが、ファビオ・アルさんが予想外の大爆発。ステージ1勝&総合3位で大量にポイントも稼いできてくださいました。ヽ(゚∀゚)ノ

 アルさんは2011年の8月に2012年8月から2年という青田刈りなネオプロ契約でアスタナにおいでになった期待の新人さんです。最初は日付見間違えたかと確認したのを覚えています。
 昨年ジロでは中盤体調不良で崩れたものの、序盤終盤とニバリさんの山岳アシストをこなしていましたよ。
 貴重な才能なので変な無理をさせないで大事に育てていただきたいと思います。

 またエウスカルテルから移籍してきたミケル・ランダさんや、カザフ人のビザ問題で急遽出場決定、平坦では牽き倒してくれたボルト・ボジッチさんも頑張っていましたよ。
 今まで随時切り離し式で、2010ジロでは大惨事を招いたTTTが9人一塊でタイムも悪くなかったのはちょっと感動しました。

 で、去年は総合表彰台まで押しかけたGMのヴィノクロフさんですが、今回は自転車アジア選手権の方に詰めててジロには帯同しなかった模様。地元カザフスタン開催ですからね!
 おかげさま?でロード部門ではエリート男子で1〜3位表彰台など無双していた模様。アジアRRチャンピオンになったルスラン・ツルバエフさん、おめでとうございます。なおトラック部門では韓国が無双していたそうです。


 そんなヴィノクロフさんのジロその他に関するユーロスポーツのインタビュー記事がこちら。
http://www.sports.ru/others/cycle-racing/1021015579.html (6/1)

 まだ若いですし精神的に準備ができてなかったかもしれないのでとにかくプレッシャーをかけないようにした、と言っています。マルティネッリ監督も同じ事を言っていましたが本当にかかってなかったかは不明です。

 またアルさんの才能を信じていたので、昨年契約を3年延長したんだとも言っています。アルさんの契約年数はメディアによって違っているんですがw、昨年途中に3年延長しているので2016までが正しいと思われます。(カンゲルトさんも同時期に2016まで更新)

 例のステルビオ降下ニュートラル事件に関しては、「アレが無ければ優勝できたかもねw」暴言だけどねwという感じです。
 あの日は平坦までひとりで牽き倒していたランダさんの姿に涙が出ましたよ!

 他にはツールのメンバーについても話をしていて、ニバリさんを中心に、セレクションにかかっているのがケシアコフさん、フグルサングさん、グリブコさん、グルージェフさん、それにできればスカルポーニさんとイグリンスキー兄さんも加えたい模様。
 後は石畳の試走に同行してたウェストラさんや寮機のアニョーリさん、バノッティさんらが候補でしょうかね?
 

Cycle* おめでとうございました

軽めのネタを一つ。
 ポーランドのプロコン、CCC所属のダビデ・レベリンさん、御年40。
 今年は勝利こそありませんが、ブエルタ・ムルシアで3位とかブラバンツペイル7位とか、久々に出場したワールドツアーレースのアムステルゴールド13位とか地味に頑張っておられます。

 そんなレベリンさんが5/16頃にモナコでガールフレンドのファンファンさんとご結婚されたそうです。
 おめでとうございます!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

http://www.tuttobiciweb.it/index.php?page=news&cod=68778  (5/26)

 微妙な日付なのは10日程前に結婚したってよ、って記事だからです。ええ。
 モナコは単なる式場なのか、現在のお住まいなのか不明ですが、レベリンさんはモナコ在住の実績が疑われて脱税でイタリア警察に追われている身なのでちょっと気になります。

 細かいところはともかく、末永くお幸せに。
 

Cycle* 楽園の危機

いろんなステージレースがありますが、山が登れてTTがそこそこいけるのが総合優勝をもっていく事はよくあります。
 ひたすら平坦、貴重且つ微妙なボーナスタイムでしのぎを削るというスプリンターが総合優勝できるレースもありました。(最後にTT得意な人がまず優勝するデパンヌ三日間は除く)

 かつてはグライペルさんが2回総合優勝し、山岳ポイントが天保山レベルだったダウンアンダーも登りステージが入ってきてますし、スプリントステージ多数のトルコ一周も最近は超級山岳ステージを入れてきてスプリンターを総合に寄せ付けません。

 そんな中、貴重なスプリンター天国に危機が!
 『ツール・ド・ピカルディ、ASOとの契約が終了。将来に危機か?』 Σ(゚Д゚)

http://www.cicloweb.it/news/2014/04/04/tour-de-picardie-quella-del-2014-sara-l-ultima-edizione-organizzata-da-aso-futuro-a-  (4/4)

 今年は5/16-18に開催予定の Tour de Picardie(2.1) 。 全部スプリンターが総合を勝っているわけではありませんが、ここ3年ではキッテルさん、デゲンコルブさん、フェイユ兄さん、かつてはシャバネル弟さんやボーネンさんも総合優勝しています。

 今年が67回という歴史あるレースですが、どうもオーガナイザーのASOとの契約が更新されずに今年で終了だそうな。おおう…。
 どうも最近賑やかなブリテン方面の新3日間ステージレースに注力したい模様。それって今年のグランデパール開催地で来年からやろうってレースの事ですかね?

 近隣のレース主催者を集めて来年以降の開催を模索しているそうですが、前途多難のようです。
 この記事には「イタリア人が優勝した事一度も無いから別にいいや」的なモノも匂わされてますが、個人的には好きなレースなので存続していただきたいなあ、と思います。
 

Cycle* 元通り確定

 もうすぐ消費税率もあがる今日この頃ですが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか。
 おかげで会計システムの入れ替えとかで先月はむぎゅーむぎゅーしてました。もう大変。

昨年のコース発表時に鳴り物入りでラス前に大型峠導入が発表されたミラノ〜サンレモですが、主に季節的な事情により地元自治体に通行をお断りされてしまいました。主催のRCSさんが粘りに粘りましたがついにあきらめたそうです。今年はw
http://www.cicloweb.it/articolo/2014/02/28/milano-sanremo-2014-sara-una-pioggia-di-velocisti-pompeiana-tagliata-niente-mani (2/28)

 ちなみに最終決定のプロフィールがコレ。
新プロフィール

 予定のプロフィール(最後の方)はこんなでした。
旧プロフィール

 チプレッサより高くて急なポンペイアーナ、まさにスプリンター殺しという事でカベンディッシュさんもグライペルさんも早々に出場しない事を表明。逆にフルームさんは峠が入るなら出ようかなと仰せでした。ばっちり俺向きのプロフィールだ!と喜んでいたジルベールさんはご愁傷様です。
 フルームさんは辞退でカベンディッシュさんは出場する、なんて言われているようです。
 

 最近の当Blog的ネタというと、アンドローニのマッティア・ガバッツィさんとメリディアナのエンリコ・ロッシさんがクリスティーナ時計に移籍しました。
 よりによってアンドローニジョカットーリとメリディアナ・カメンとクリスティーナ時計を重点ウオッチしている当方得な展開ですが、自分が偏っているという自覚はあります。

 クリスティーナウオッチズ・オンフォンさんはサブスポンサーのオンフォンさんが契約満了。デンマークの通信会社だったわけですが別の会社に買収されたというのもある模様。
 でもって新しくサブスポンサーになっていただいたのがクマさんです。クマキタ!
http://www.spaziociclismo.it/continental-europa/christinawatches-kuma-annunciati-i-nomi-degli-italiani-34879 (1/30)

 イタリアの会社なのでイタリア人選手を追加したという事のようです。自転車もコルナゴからヴィナーになりました。
 カラーリングも今までの黒青から黄色地赤文字になりました。なんだかジャージ上がTシャツっぽくて、…タワーレコード?
http://christinawatches-onfone.dk/index.php?pageID=1379&subjectID=36900 (クリスティーナ公式 ジミ・ソレンセンさんのインタビュー記事)

ズボラー最強 異種目編

 ちょっと興味があるニュースがありました。当blogでいくどとなく取り上げてきたズボラーシリーズ、居場所報告違反による出場停止関連ネタです。ただし自転車ではありません。

 お隣韓国のバドミントンで、北京五輪・混合ダブルスの金メダリストでもあるイ・ヨンデさん(25,サムスン)とキム・ギジョンさん(23,同じくサムスン)が同タイミングで居場所報告違反スリーアウトをやらかして世界バドミントン連盟より2015年1月23日まで1年の出場停止処分を下されたというニュースです。
 同タイミングで?とか気になるところがあったので朝鮮日報や東亜日報を当たったら詳細がありました。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/29/2014012900405.html (日本語 1/29)

中見出しはこんな感じ
二行目が今回のキモです。
 
世界バドミントン連盟、ドーピング検査規則違反の2選手に資格停止1年
協会のずさん手続きで居場所情報提出義務怠る
検査官、抜き打ちドーピング検査できず
協会「スポーツ仲裁裁判所に控訴、出場できるよう努力」

 何でも居場所報告違反スリーアウトでの謹慎はバドミントン業界初だそうです。起源は韓国(以下自粛
 韓国バドミントン協会の関係者は「海外では(居場所報告違反で)陸上、自転車、ボクシングでは2〜3人が処罰されている」と話していますが、いやもっといますって。ええ。

 記事では居場所報告のシステム紹介と、今回のスリーアウトの内容を説明しております。
 ただ紹介部分でひっかかるところがありまして
 
 WADAは、2009年から抜き打ちドーピング検査のための居場所情報提出をコンピューター・システムに変更した。
これによりIDを付与された選手は各自WADAのホームページに入り、自身の居場所を入力しなければならない。
国際大会出場など居場所情報に変更がある場合は、事前に変更しておくのが原則だ。通常は各国協会が選手のIDを管理し、選手の代わりに居場所情報を変更する。

 通常は協会がIDを管理して選手情報を変更する?? 当方的には初耳です。国際大会限定ですかね?
 検査対象は選手全員ではありませんで、韓国バドミントン界の場合は対象選手9名だそうです。9名ならまわせそうな気がしますが、登録選手の多い車連とかサッカー協会は倒れそうです。というか越境登録選手の面倒なんか見ねえってなりそうな。

 FDJのオフレドさんなんかはチーム事情のレース予定変更で爆死しており、少なくとも自転車の小さなレースでは選手本人がやっていると思われます。
 最近は改善されているようですが、ペーパー仕事のアバウトさで定評があったアスタナさんなんかもレース予定は変更しまくりなのでもっと爆死者が出てても不思議じゃありません。(過去にアンドレイ・ゼイツさんが爆死してましたが、本人は英語がわからなかったと申し開き)

 それはとりあえずおいておいて、今回の韓国選手達の場合
1, 2013年3月28日
 参加していた大会が1日延長になってしまって宿舎に戻れず、検査部隊が宿舎の方を襲撃して1時間待って帰る
2, この結果を受けた世界バドミントン連盟が対象選手と韓国協会に「9月中旬までに居場所情報を更新せよ」と通達、
 したんですけどブッチしてしまい連盟がアウト判定を出す 、って 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
3, 2013年11月
 旧情報のまま、宿舎を検査部隊が襲撃したら予定が変わっていて遠くの大会に出ていた。(-人-)

 2ミス目は実質居場所報告四半期予定表を提出しなかった扱いになっているのかも。自転車選手も期日に遅れてアウト判定を食らってる人は多数おりますし。

 ここで響くのが協会のずさん手続きというヤツで、選手側の責任というのはとりあえず置いておいて、少なくとも韓国バドミントン協会では協会側が選手9名の居場所報告の登録・変更手続きをする事になっていたわけです。そして協会はシーズン始めに大会と居場所予定をざーっと登録し、その後全くメンテナンスしてなかったという事のようです。をを。
 
キム・ジュンス協会専務理事は今回の事態が起こった原因について「通知なしの抜き打ち検査強化に、協会として適切に対処できていなかった。『スリーアウト制』があることも知らなかった」と弁明した。

ないわーーーーーー! (ノ`Д´)ノ彡┻━┻

 協会がレギュレーションを把握できてないってのは日本の女子ボクシングとかもやらかしてましたけども、連盟から通達もらっても無視とかいい度胸です。すでにズボラという段階は越えてます。
 これには韓国アンチドーピング機関、略してKADAさんの検査部長も「2009年から検査強化してて、実際に2011年から摘発例もある。移動する1時間前の更新でも認められるのに協会の考えが安易すぎ」と苦言を呈しております。

 逆に言えば2009年から検査強化してて、このアバウトさでよくまあ今まで無事だったと思えたりもします。 自転車に比べると他競技種目は検査回数が少ないという事実もあるかもしれません。また個人的な考えですが、イ・ヨンデさんの場合は北京で金メダルを獲得することによって注目され検査頻度が上がったという事もあるかも、と。

 http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014013002438 (日本語 1/30)

 こちらの東亜日報さんの記事によると1ミス目の大会延長は本当に偶然で運がなかったという話で、実際運がなかったんでしょうけどそのためのスリーアウト制なわけで、登録情報メンテナンス無し&通達ブッチでは18ヵ月3ミスは時間の問題だったのではないですかねえ。

 余談ですが上記記事でコーチが当該選手を慰めようと「お前はイケメンだね」と冗談を言ったら「そこまでしなくてもいい」と返され、余計な事をしたなと言葉を濁らせた、というくだりは訳の問題かもしれませんがなんだかよくわかりません。

 この後の展開ですが、すでにCASに上訴したそうで、韓国最大手の弁護士事務所が無償で手続きを引き受けてくれたそうです。 仲裁の経験のある米国人弁護士を雇い、謹慎期間を3〜5か月に減少してもらえるよう訴えるそうな。
 バドミントンでは9月にアジア大会があり、キム・ギジョンさんはそこに兵役免除がかかっているそうで。をを。

 またお二人はチームトレーニングも当然参加できず、ダブルスの相方も今更パートナーを変えられずに困っているとか。
 でも選手の自宅や相方の家に行って相方と個人で練習するのは可能、ってそうだけど協会が大きな声で言っちゃダメ!w

 CASに訴えた結果、このお二人がアジア大会に参加できなかった場合は協会が責任をとる、と前出の専務理事が言っているようですが、大会に参加できた場合でも責任はとった方がいいと思います。ええ。

Cycle* メンショフさんが見えました

 早いもので2014年になり、ダウンアンダーもサンルイスも終わり1月も終わりそうな今日この頃ですが、皆さま元気でお過ごしでしょうか?
 今更ですが、今年もよろしくお願い致します。


 アスタナさんの今期のジャージは基本路線は去年と変わりませんがスポンサー等のロゴが一部変わりました。
 去年は背中の黄色地の帯に白字でチームロゴとか正気か!と思いましたが、今年は普通に白地紺字のロゴになりました。ソウデスヨネー
2012から胸のカザフ国旗のマークが鷲の翼デザインのマークに変わってまして、アスタナ航空みたいだよと地元では言われていたのですが、この度エア・アスタナが胸スポンサーロゴに入りました。本物です。

 一昨年終わり頃からに使っていたアスタナEXPOのマークは、バスのパッケージ等の関係で一部残っているけど基本的には今年使わないとGMのヴィノクロフさんが言っていました。まあ2017年の話ですからねえ。
 何でそんな先のモノを付けていたかのかと知らない方のために説明しますと、2017年の万博誘致のための宣伝をしていたんですね。
 カザフスタンは万博に国家プロジェクトとして力を入れていまして、ロンドン五輪の金メダリストなんかも応援演説に駆り出されてました。そう今のGMです。
 石油以外のエネルギーというテーマで自転車にソーラパネルを積んで、パリからカザフまで人力ハイブリッドで移動するなんてイベントもやってましたよ、ええ。

 でもって念願かなって誘致成功、2017年の万博が首都アスタナに決まりました。余談ですが、最後までアスタナと誘致を争った相手がベルギーのリエージュだったというのは冗談のような本当の話です。



昨年途中に気が付いたら引退してた元カチューシャのデニス・メンショフさんの近況ニュースがありました。
http://velolive.com/velo_news/5994-denis-menshov-otkryvaet-sobstvennyy-centr-velosporta.html (1/27)

 何でも地元のロシア・オリョール州で若手向けのサイクリングセンターを州立大学と共同で設立、センター長になったとか。おお。対象は15〜22歳で今年入試をやるようです。 メンショフさんの新しい挑戦を応援しております。
 ちなみに上記記事にはメンショフさんの連絡先らしき電話番号も出ています。ををw


昨年10月に開催したカザフ念願のUCI公式レース、アルマトイツアーが2014も開催決定だそうな。
http://velolive.com/velo_news/5977-odnodnevka-tour-of-almaty-poluchila-categorie.html (1/23)

 前回1.2クラスでしたが今回は1.1クラスに昇格。プロチームも呼べるようになりました。旧ソの仲間カチューシャさんなどをご招待しているようです。もちろんアスタナ・プロチームも出るよ! アスタナ・コンチやカザフナショナルも出られるかはよくわかりません。

 前回はカザフスタンナショナルチームから出たマキシム・イグリンスキー兄さんが優勝、速報でアスタナ・プロチームの兄さんが優勝と出た辺りで「1.2クラスにプロチームの選手が出られるの??」と一部混乱を招いておりました。ううむw
 日程は予備日の関係で確定ではないそうですが8/3の開催予定との事です。


こんな事もあるんだ、というお話。 資金難で2013に解散したオランダエールディビジ2部、つまりサッカーチームのSCフェーンダムのホームスタジアムがベロドロームに改装されるらしく。

http://www.telegraaf.nl/telesport/wielersport/22216580/__Langeleegte_wellicht_wielerbaan__.html (1/16)
 1500mのトラックを入れるとか。地元自治体の主導で改装されるそうです。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

         
                   

recent trackback

links

profile

書いた記事数:674 最後に更新した日:2014/10/01

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links